【アイルランド・ダブリン】リープカードで電車(DART)に乗る?

ダブリンの電車の乗り方 アイルランド

こんにちは。アイルランドの語学学校ISE(@IseJapan)です。

今回は、アイルランド・ダブリンの電車(DART/ダート)の乗り方のご紹介です!

リープカードでDARTに乗る

DART(ダート)は、つまりDublin Area Rapid Transit systemのことを言っており、これはもう一言、電車のことです。

日本でSuicaやPASMO等のICカードを使って電車に乗ったことがある人なら、リープカードを使っての乗車もなんの問題もなくできるはずです。

詳しく紹介していきますね!!

リープカードで電車乗る

Connolly駅
写真はConnolly駅より。大きい駅です。

リープカードで電車に乗る場合、改札を抜ける際に、改札口の黄緑色になっているカード読み取り機にカードを当て、通り抜けるだけ!

あとは、行き先に合わせて電車に乗り込むだけです!!

リープカード・改札

注意なのは、電車を降りて改札を出る時に、リープカードをカード読み取り機に再びかざすのを忘れない!ということ。

基本はカードをかざさないと改札が抜けられない仕組みになっていますが、駅によってはかざさなくても抜けられてしまう場合もあるんです!

DARTの支払いでは、電車に乗るために改札を抜けた段階で上限額€4.75(2018年4月現在)が差し引かれ、電車を降りて改札を抜ける際にカードを再びかざすことで、多く差し引かれた分の額がカードに戻る仕組みになっているんです

(・・ということはつまり、電車を降りた時に、カードを当て忘れると、短距離の利用でも運賃を多めに支払ったままになってしまうということです!)

チケット購入で電車に乗る

現金払い(リープカードなし)で電車に乗る場合は、駅の券売機にてチケットを購入してください。

あとは改札のチケット挿入口にチケットを通します。

(電車を降りて改札を抜ける時も必要なので、きちんととっておきましょうね!)

ダブリンの交通機関を使いこなそう!

いかがでしたか?

ダブリンでは他にも路面電車のLUASやバスも便利な移動手段ですね!

最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、うまく使いこなしてダブリンを自由に動き回っちゃいましょう♪


ISEはアイルランドのダブリンウォーターフォードにキャンパスのある語学学校です。

アイルランドへの留学をご検討中の方は、是非お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
パンフレットなどの資料請求もお問い合わせから♪

(ビザの情報含め、学校・コースについて日本人スタッフよりご案内します!!)

↓ ISEキャンペーン情報はこちらから

↓ アイルランドの旬な情報がわかるスタッフのつぶやきブログもあります♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました