ハロウィンの由来?アイルランドはハロウィンの国!!

アイルランドはハロウィンの国 アイルランド

こんにちは。アイルランドの語学学校ISE(@IseJapan)です。

10月の一大イベントと言ったら、ハロウィンです!!!!!!

・・とちょっと興奮気味になっているのは、そのハロウィンがアイルランドに深い関わりがあるからなのです。

というわけで、今回はハロウィンについていろいろ書いていきたいと思います!

「ハロウィンって何?」「ハロウィンの由来は?」と思った方は必見ですよ!!

ハロウィンはアイルランド発祥

日本でも盛り上がりを見せてきているハロウィンですが、ハロウィンと聞いて、皆さんはどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?

おばけ?

ガイコツ?

かぼちゃ?

Trick or Treat(トリック・オア・トリート)?

渋谷の仮装行列?

ひょっとしたらハロウィンはアメリカが起源じゃないの?なんて思う人もいるかもしれませんが、違うんです!

アイルランドなんです!

日本ではなんだか大々的な仮装大会みたいな感じになってきていますが、ハロウィンはもともとはちゃんとした儀式だったんです。

ケルト文化とハロウィン

ハロウィンはもとは、スコットランド人やケルト人たちのお祭りでした。

秋の収穫を祝い、悪霊たちを追い出す宗教的行事だったのです。

のちのちそれがアメリカに伝わり、宗教的な意味合いが薄れ、今のように子どもたちが喜ぶ楽しい行事になったわけでした。

ハロウィン本番となる10月31日というのは、かつて古代ケルト人にとっての1年の終わりの日でした。

あの世とこの世の境がなくなる日とされ、ご先祖様の霊が降りてくる日とされていたのです。(日本のお盆みたいですね・・)

ただ、この日は悪い霊たちも降りてきてしまうため、焚き火をしたり、仮面を被ったりして、悪霊たちを追い払っていたんだとか。

これで、なぜ、おばけやガイコツ(=悪霊・悪魔)が出てくるのか、そしてなぜ仮装(=悪霊対策の仮面)なのかがわかりますね。

アイルランドのハロウィン

ハロウィンの季節が近づくと、ダブリンのあちこちにはハロウィングッズ専門のお店が続々と立ち上がってきます。

ハロウィンショップ

店内にはコスプレ用の衣装からデコレーション用のグッズまで様々並びます。

ハロウィン1
ハロウィン2

スーパーのお菓子売り場にも、ハロウィンに向けて、配れるサイズのお菓子がズラリと並びます。

お店の雰囲気もそうですが、街を歩けばハロウィンの日が近くなるにつれ、仮装した人たちとの遭遇率も高くなります!

子どもたちも可愛らしく仮装し出してとってもかわいいんです!

Bram Stoker Festival

ダブリンではこの時期、そんなアイルランドのハロウィンを盛り上げてくれるイベントがあります。

それがBram Stoker Festival(ブラムストーカー・フェスティバル)

Bram Stoker(ブラム・ストーカー)は「ドラキュラ」という怪奇小説を生み出したアイルランドの作家さんです。

彼の作品にインスパイアされて、おどろおどろしくも、なんだかワクワクするイベントがそこら中で繰り広げられるのです。

このイベントに関連してパレードもあります!!

ハロウィンパレード1
ハロウィンパレード2

観客も道いっぱい集まりますので、上手に場所とりして見てくださいね。

ハロウィンパレード3

ハロウィンは本場アイルランドで!

というわけで今回はハロウィンについてでした。

ハロウィンは日本でいうお盆のような雰囲気もあり、ウィンタータイムへの切り替えの時期と重なり、なかなか意味のある季節行事です。

※ウィンタータイムというのは、日照時間に合わせて時間を変えることを言います。ウィンタータイムに入ると日本とアイルランドの時差は9時間になります。

日本で「クレイジー」なハロウィンを楽しむのもいいですが、本場アイルランドで本物のハロウィンを楽しんでみるのもいいかも?

アイルランド留学を考えるなら、ハロウィンの頃を意識してプラン立てするのもまた一つかもですよ!??


ISEはアイルランドのダブリンウォーターフォードにキャンパスのある語学学校です。

アイルランドへの留学をご検討中の方は、是非お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
パンフレットなどの資料請求もお問い合わせから♪

(ビザの情報含め、学校・コースについて日本人スタッフよりご案内します!!)

↓ ISEキャンペーン情報はこちらから

↓ アイルランドの旬な情報がわかるスタッフのつぶやきブログもあります♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました