Leap Cardって?リープカードを手に入れよう!

リープカード アイルランド

こんにちは。アイルランド・ダブリンの語学学校ISE(@ise_japan)です。

今回はアイルランドで便利なリープカードについて書いていきたいと思います!

アイルランドへの留学が決まり、乗り継ぎやなんやらかんやらでやっとたどり着いたアイルランド。ひとまず滞在先にたどり着き、さて現地生活の基盤作りという時、携帯もまずはなんとかしたいところですが、ホームステイ先から学校までの行き方などなど、交通手段についてもよく知っておきたいところですよね。

そんな時に強い味方になるのがリープカードです!

リープカードを持っていると、お得なことがたくさんあるんですよ!!

Leap Card?

リープカード

Leap Card(リープカード)とは上のようなカエルが leap(飛び跳ねる)しているロゴが目印のカードのことです。

このカード、簡単に説明すると、あらかじめお金を入金してバスや電車などの運賃支払いに使えるカードのことで、日本でいうところのSuicaやPASMOのようなICカードのことですね。

 

リープカードのメリット

ダブリンでの利用に関しては、バス・電車に加え、LUASという路面電車にも使えてしまう優れもの!

しかも、このカードを持っていると、もっと嬉しいメリットがあるんです!

メリット1: 割引で乗車

なんと!このカードで支払うと、現金で払うよりも料金がお得になるのです!

確かに日本でも、電車運賃などをICカードで払う場合は、2〜3円程安くなったりしますが、リープカードのお得感はそんなもんじゃありません!

例えば、リープカードでバスを利用した場合の割引率はこんな感じ。(2018年5月現在)

Leap-Card-bus-fare-discount

“Stage”というのはバス停の数のことを言っています。

例えば、4つ先のバス停まで行きたい場合、現金払いなら€2.70ですが、リープカードでの乗車なら€2.15ですよってことですね♪ なんと20〜29%もお得になってるんだとか!

電車や路面電車も同じように割引されますので、これは見逃せないですよね。ちなみにLeap Cardには一般カードと学生カードがありますが、割引率はどちらも同じになります。

メリット2: 小銭いらずで乗車

バス運賃を現金で払う場合、お釣りはその場で受け取りできません。支払いの際に、運転手さんからチケットをもらい、そのチケットを持ってダブリンバスのオフィスに行かないとお釣りを返してもらえないのです。。

リープカードがあれば、カードをカード読み取り機にかざすだけでいいので、いちいち小銭を確認するストレスからも解放され、乗車もスムーズにできるので、本当にいいことだらけです。

 

学生リープカードって?

リープカードがあれば運賃が安くなるのはわかったと思うんですが、じゃ、学生カード一般カードの違いは何かってことになりますよね。

それは、お店からの割引を受けられるかどうかということ。

学生リープカードのメリット

学生リープカードがあれば、有名ファーストフード店や、ファションストア、映画館等の娯楽施設で10〜20%程の学割を受けることができます。

学割の使えるお店一覧はStudent Leap Cardサイトで詳しく見られます:http://www.studentleapcard.ie/discounts-cool/#whats-new-1

 

リープカードを手に入れる方法

ここまできたら、じゃ、どうやって手に入れるんだって話になりますよね?

店舗割引の違いもあり、一般カードと学生カードの入手の仕方は異なります。

一般カードを手に入れる

グリーンカラーの一般カードは、誰でも簡単に手に入れることができます!

最寄りの電車駅やダブリンバスのオフィスはもちろん、SparやCentraと言ったコンビニでも手に入れられます。

Centra-with-Leap-Card

コンビニで買う場合は写真のようにグリーンのLeap Cardのマークがあるのを確認しましょう!

日本のICカードと違い、クレジットカード支払いができるのは海外滞在中は嬉しいところでしょうか。(日本のICカードもそうですが、購入時はカード返却時に戻ってくるデポジット分の€5とカード入金したい額を払って購入します。)

学生カードを手に入れる

学生カードの場合は、当然「学生である」ことを証明する必要がありますので、通っている現地の語学学校や大学からのレター(学校に頼めば発行してもらえます)とパスポート等の身分証明書を持ってダブリンバスのオフィスや主要大学に入っているブースに行くか、郵送またはオンラインで発行可能です。

ただし、学生リープカードをゲットできるのは、6ヶ月以上学校に通っている人に限られます。また、発行手数料として€7〜10がかかるのも忘れずに。

学生リープカードには本人の顔写真も付くので、軽い身分証明書にもなります。


まとめ

ダブリンから少しバスや電車に乗れば、これまた素敵な場所がたくさんあります。

過去記事でも紹介してますね・・

>> 週末さんぽはDún Laoghaire!
>> 海を目指してBrayに行こう!

 

ダブリンの市内での普段の移動にはもちろん、ダブリン郊外探検のためにもLeap Cardは必須アイテムです!
万一、条件が満たせず、学生カードは持てない、という人でも、一般カードを入手することをおすすめします!

一度手にしてしまったら、便利さから離れられなくなりますよ♪

>> リープカードでDART/LUASに乗る?
>> リープカードでバスに乗る?

コメント

タイトルとURLをコピーしました