【アイルランド】ワーホリでも語学学校に行く3つのメリット

ワーホリでも語学学校 ISE

こんにちは。アイルランド・ダブリンの語学学校ISE(@IseJapan)です。

実は私、いくつかの国にワーキングホリデーの経験があり、「語学学校に行かないワーホリ」も経験しているのですが、その時、ほんの少しの期間でも語学学校に行っておけばよかったと思っていました。

そこで、今回は、ワーホリ経験者で、かつ、ダブリンの学校事情も知っている私が、アイルランド・ダブリンへのワーキングホリデーで語学学校にも行った方がいい理由をお伝えしたいと思います。

語学学校に通うメリットは「英語力アップ」だけではないんです!

メリット1:クラスメイトから友達の輪が広がる

友達の輪

きっとこれは、皆さんも最初に思い浮かぶメリットではないでしょうか?

新しい場所で生活を始める時、「コミュニティー」はとっても重要ですよね。

一度誰かとつながれば、そこから友達の輪が広がり、パーティーやお出かけなど、楽しい話も舞い込んでくるようになります。

一旦誰かとつながってしまえば、つながりが増えていくのは簡単なのですが、語学学校を行かずにワーホリを始めた私は、最初の友達を作るまでに結構アクティブに動かなくてはなりませんでした。

ダブリンの場合、ボランティアランゲージエクスチェンジなど、友達ができやすい場も多くあるのですが、現地についてすぐは、あれこれ自分でプランして動くのはちょっと大変だったりします。

私の英語力がまだ低かった頃は、なんとか動いてせっかく会話が始められたのに、相手の英語に追いつけず、お友達になるどころか、話も展開できずに終わってしまったなんてこともありました。

語学学校に行く場合は、まずは自分を英語環境に慣らしていくという点でもメリットがあるのですが、自分と同じぐらいの英語力の人たちがクラスメイトになるというのもメリットになります。

同じ英語レベルの人とだと会話も続けやすく、友達になりやすくなります。

現地コミュニティーが大きくなれば、遊びや仕事の情報も入りやすくなり、より現地での生活も充実します!

きっかけ作りに、「クラスメイトがいる」というのはとても強いのです。

メリット2:安心の場所で留学生活をスタートできる

落ち着ける場所

語学学校ではホームステイや寮(レジデンス)など、提携の滞在先を用意しているところがほとんどです。

海外での家探しは、日本のように不動産会社を仲介して探して行くのとは違い、家のオーナーと直接連絡を取りながら、内見や契約をしていくことになります。

そういったやり取りをしていくのに、ホテルやホステルのような一時的な滞在場所に拠点をおいてことを進めていくのはなかなかストレスです。

アイルランドに着いてすぐは、語学学校提携のホームステイ先や寮への滞在を決めておけば、現地での家探しも落ち着いて進めていくことができます。

家賃の節約にも!

また、ホテルやホステルのようなところに滞在しながら家探しをしていくとなると、費用面でもだいぶ差が出ます。

ダブリンの学校提携のホームステイだとシングルルームに滞在で1週間€200〜250(2.5〜3万ぐらい)が相場ですが、ホステルに1週間となると4人部屋を選んでもずっと高く、6人部屋や8人部屋を選んでやっとホームステイと同じぐらいの金額となります。

できるだけ費用を抑えてとなれば、男女混合の8人部屋や10人部屋など選択肢はありますが、これから家や仕事をしっかり探していく時に、そういったところに長めのスパンで滞在していくのは少し勇気がいるかもしれません。

学校提携のホームステイの場合、ファミリーたちは今まで留学生の受け入れ経験もあるため、留学生の気持ちに寄り添ってくれる方が多くいらっしゃいます。

家探しのアドバイスや、仕事探しのポイントなど、ファミリーの方にも相談できれば、本当に心強いです。

ホームステイでローカルの生活に入り込めると、アイルランド独特の英語表現にも触れられ、英語学習の面でもさらにプラスです💡

学校提携の寮にする場合も、一緒に滞在するのは同じ学生たちになるので、留学に関連した情報も入って来やすくなりますよ。

メリット3:生活リズムを整えてからスタートが切れる

生活リズム

意外とこれも重要な点です。

日本での仕事をアイルランドでも続けるという人以外は、語学学校に行かない場合、現地に着いてすぐは特に決まったスケジュールがないことになります。

仕事探しや家探しなど、自分からアクションを起こして行くこともありますが、うっかりしていると無駄に夜更かししてしまったり、朝寝坊し過ぎてしまったりと、生活リズムが狂いがちです。

まずは、「学校に行く」というスケジュールの中で、メリハリを持って生活していくことで、家探しにも仕事探しに向けても吸収できることが多くなります。

学校は、午前のクラスを受講なら、だいたい13時ぐらいには終わることになるので、家探しや仕事探しも午後から動くことができます。

だらだら過ごしていると、家探しや仕事探しへのモチベーションも下がってきてしまうので、まずは、現地で過ごす時間設定の骨組み作りに、語学学校のスケジュールを組み込んでみるのもいいでしょう。

語学学校で留学経験の充実度を高める!

以上、3つのメリットをあげましたが、友達の輪が広がって行くのも、住む場所をきちんと確保するのも、生活のリズムを整えるのも、すべてその後の留学生活を支えていくための基盤作りのために自分のコンディションを整えることにつながります。

ワーホリビザでは、学校に行くのは必須ではありません。

それでも、たとえ短期でもいいので学校に行ってみると、早いうちからダブリンの留学事情が見えてきます。

異国の地に、いかに早く自分を馴染ませていくのか。

基盤づくりのきっかけに、「語学学校に通う」というのは強いです!

英語力アップはもちろん、その他のメリットも考えて語学学校を検討してみてはいかがでしょうか?


ISEはアイルランド・ダブリンの語学学校です。

アイルランドへのご留学をご検討中の方は、是非はお気軽にお問い合わせください!

ビザの情報含め、日本人スタッフがご案内します!!

お問い合わせはこちら

ISEについては他の記事でも紹介中:ISEについて

ISEキャンペーン情報はこちらから:ISE 最新情報

コメント

タイトルとURLをコピーしました