【ジャイアンツ・コーズウェイ】巨人の石道を見に行こう!

ジャイアンツ・コーズウェイ (1) 北アイルランド

こんにちは。アイルランドの語学学校ISE(@IseJapan)です。

今回はお隣の国イギリス・北アイルランドについて。

巨人の石道」と呼ばれるスポットをご紹介します!!

北アイルランドって?

詳しく「巨人の石道」を紹介する前に、まずは北アイルランドの位置から確認していきたいと思います。

イギリスとアイルランドは別々の国ですが、イギリスの一部である北アイルランドはなんとアイルランドと陸続き!

同じ「アイルランド島」にあるんですね!

北アイルランドまでの行き方

ということで、アイルランドから北アイルランド(イギリス)へは、陸路での移動が可能

ダブリン市内からもダイレクトで行けるバスが出ており、なんと北アイルランドの首府・ベルファストまでは片道2時間です。

しかもバスの料金も片道€10/£8(≒1,300円程)なのです!!

入国管理(パスポートチェック?)

ダブリンからのバス旅でベルファストに向かう場合、おもしろいのは「気がつくとイギリスに入っている」ということです。

日本でも高速を乗っているうちにいつの間にかお隣の県に入っているなんてことがありますが、他県でなく「別の国」に入っているとなると話は違いますよね。

バスでの移動の際は特にパスポートの提示の必要もなく、本当に気がついたらお隣の国イギリスに入ることになります。

陸路で国境越えなんて、なかなかおもしろい経験ですよね♪

ジャイアンツ・コーズウェイ

さて、北アイルランドの場所を確認したところで、ここからいよいよ本題です。

北アイルランドに行くなら絶対に見逃して欲しくない場所・・

それが!

ジャイアンツ・コーズウェイ(Giant’s Causeway)

です!!

「巨人の石道」と訳されるその場所は、世界遺産の一つでもあり、海岸線沿いに六角形の岩がずらりと並びます。

ジャイアンツコーズウェイ

とても不思議な景観ですね。

ジャイアンツコーズウェイ-giants-causeway

巨人の伝説

「巨人の石道」と名付けられている通り、ジャイアンツ・コーズウェイには巨人の伝説があります。

フィン・マックール(Finn McCool)という巨人がスコットランドの巨人・ベナンドナー(Benandonner)に戦いを挑みに行くためにコーズウェイ(=道)を作ったという話なのですが、
いざ道が完成し、様子を見に行くと、ベナンドナーがフィンよりも大きいことが判明!

それを知ったフィンの妻はフィンを赤ん坊に見立て、「こんなに赤ん坊が大きなら、さぞ父親は大きいことだろう」とベナンドナーに思わせて、怖がらせたというお話です。

(※伝説には諸説あるようです)

伝説を物語るかのように、ジャイアンツ・コーズウェイには巨人の靴もあるんです。

ジャイアンツコーズウェイ-Giants-Causeway-boot
なんだかブーツみたな岩がありますよね!??

ジャイアンツ・コーズウェイへの行き方

ジャイアンツ・コーズウェイに行くためには、ベルファストからバスや電車でさらに1時間程北に行く必要がありますが、アイルランドに来るなら是非行ってみて欲しいところです!

ダブリンからのツアーやベルファストからのツアーを利用するのも手ですね。

レンタカーを借りて、その周辺も丸ごと見にいくのも楽しいでしょう!

現地でのツアー申し込みが不安な場合は、日本語サイトからの予約もてですね!

なみに!ISEの今月のアクティビティでもこのジャイアンツ・コーズウェイに行くツアーがあります。学校のお友達と行ってみるのもいいですね♪

ダブリンは都会過ぎず、田舎過ぎず、いい感じの便利さがありますが、ダブリンをちょっと飛び出して、アイルランド島らしい壮大な自然の姿を見に行くのもオススメです!

Giants-causeway

アイルランドに来るなら、是非是非、北アイルランドにも足を伸ばしてみてくださいね!


ISEはアイルランドのダブリンウォーターフォードにキャンパスのある語学学校です。

アイルランドへの留学をご検討中の方は、是非お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
パンフレットなどの資料請求もお問い合わせから♪

(ビザの情報含め、学校・コースについて日本人スタッフよりご案内します!!)

↓ ISEキャンペーン情報はこちらから

↓ アイルランドの旬な情報がわかるスタッフのつぶやきブログもあります♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました