【アイルランドのイベント|10月】コーク・ジャズフェスティバル!

ジャズフェスティバル アイルランド

こんにちは。アイルランドの語学学校ISE(@IseJapan)です。

10月と言えば、アイルランドには大事な大事なイベントがありますが、それとは別にもう一つ!

とっておきのイベントがあります!!

今回はダブリンではなく、コーク(Cork)のイベント情報をお届けします。

コーク/Cork

まずはコークがどこなのかというところから・・。

コークはアイルランドの南、ダブリンからバスで3時間弱のところにあります。

アイルランド第2の都市であるコークは、街の感じも新しく、ダブリンとはまた違うヨーロッパ感があります。

港町あるあるのカラフルな建物が並び、可愛らしさもあり、なかなか個性ある街です。

ダブリンからはDublin Airport Express(704X)が便利で、往復€22〜(約2,700円)。

(電車で行く方法もありますが、やっぱりこちらはバスが安いですね!)

ジャズ・フェスティバル

コーク・ジャズフェスティバル1

今回紹介したいイベントというのは、そのコークにて開催されるGuinness Cork Jazz Festival(ギネス・コーク・ジャズフェスティバル)というものです!!

Cork Jazz Festival公式サイト:https://www.guinnessjazzfestival.com/

「ジャズってアメリカじゃないの!」と思ったみなさま、アイルランドも負けてません!

(ジャズのビートはアイルランド音楽がルーツなんてことも聞いたことがあります💡)

10月の頭にはゴールウェイでもジャズ・フェスティバルがありますが、コークの方が規模が大きいそうです。

Galway Jazz Festival公式サイト:http://galwayjazzfest.ie/

毎年、コークのジャズフェスティバルが開かれるのは10月末ごろ。

遠方からこのイベントのために来る人も多いらしく、コーク空港が忙しくなる時期でもあります。

アイルランド + ジャズ =○○○○

ジャズフェスティバルと聞いて、特設ステージを設けて、野外コンサートあり、屋台ありなお祭りだと思った人もいるかもしれませんが、なんとこのジャズ、会場は街のあちこちにあります!

コーク市内の50のパブやホテルが会場となり、会場ごとのスケジュールに合わせて、観客は行きたいパブ、聴きたいアーティストのところへ自由に行き来できるようになっているのです。

それはつまり・・

アイルランド + ジャズ = 生演奏ありのパブ巡り!!

会場は大体のところが入場無料で、パブが会場ならおいしいビールやウィスキーを飲みながら素敵な音楽を聞くことができてしまうんです!!

フェスティバルではよくある、パレードもちゃんとありますし、なにより街にはイベントを楽しみに来た人たちも多くいて、活気のあるいい雰囲気が漂います!(印象的には、アジア系や南米系の人が少なめな感じです!)

【フェスの楽しみ方】タイミングとご縁の力

お昼過ぎ頃からどんどん人が増えるため、席の確保は夜になるほど難しくなり、立ち見が多くなるか、座れてもパフォーマーがうまく見えないこともあるかもしれません。

プログラムを見て、早めの行動をしておくことで席の確保はしやすくなるかもしれませんね。

イベントのプログラムさえ手に入れば、どこでどのアーティストが演奏しているのかはわかりますが、時間の調整や場所取りなど考えると、そのタイミングでその演奏が聞けるのは運命だったりする気もします。

もちろん同じアーティストが別の場所で別の時間に演奏していることもあるので、うまくタイミングを見れば見逃したアーティストを見に行くことも可能です!

あまりジャズに詳しくなくても気分に従って動いて行ってみるとおもしろい音楽との出会いがあるかもしれません♪

せっかくなのでパブ巡り感覚で次々会場を変えて行くのも楽しいと思います!

他にもある!コークの見どころ

今回はフェスティバル押しで行きたいところですが、コークの魅力はそればかりではありません!

イングリッシュ・マーケット

マーケット好きにはたまらないはずのEnglish Market(イングリッシュ・マーケット)

ダブリンにもあちこちマーケットはありますが、こちらのマーケットはそこそこ大きめのフードマーケットで、見応えがある!

お昼頃着を狙ってバスに乗り込み、マーケットランチをしてからフェスティバルに繰り出してみるのもいいプランですね!

歴史パブ巡り

ジャズ・フェスティバルで十分パブ巡りはできますが、コークにも歴史あるパブが多くあります。

An Spaipin Fanach

コークのパブ

1779年創業で、240年もの歴史を持つパブです。

歴史あるパブに足を運んでみるのもアイルランド観光の醍醐味ですよね。

Le Chateau Bar

1793年創業のパブです。

アイリッシュコーヒーが売りらしく、私も今まで飲んだ中ではここのが一番美味しかったように思います。

アイリッシュコーヒー

聖フィンバー大聖堂

観光名所の一つ、聖フィンバー大聖堂も見逃せないスポットの一つです。

アイルランド最大のパイプオルガンがあるのはココです!

コークも見逃せない!

というわけで、フェスティバルを中心にコークの魅力をまとめてみました。

コークはまぁまぁコンパクトな街ですが、ちゃんと賑やかさもあるいい街です。

マーケットを覗いてみたり、コーク訛りを聞きに行ってみるのもまた楽しそうですね♪

(コークはアイルランド人にとっても訛りの強いエリアと言われています。ダブリン英語との違いを是非楽しんでくださいね。)

ダブリンからも3時間の距離なので日帰り旅行もできてしまいます!

ジャズフェスティバルの時期はもちろん、週末旅行でコークに行ってみるのはどうですか?


ISEはアイルランドのダブリンウォーターフォードにキャンパスのある語学学校です。

アイルランドへの留学をご検討中の方は、是非お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
パンフレットなどの資料請求もお問い合わせから♪

(ビザの情報含め、学校・コースについて日本人スタッフよりご案内します!!)

↓ ISEキャンペーン情報はこちらから

↓ アイルランドの旬な情報がわかるスタッフのつぶやきブログもあります♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました